就業規則作成・変更

就業規則で経営革新!
労働問題を未前に防ぎ、企業風土を醸成する「会社を守る就業規則」を作成します。

従業員が残業代の未払いや労働条件の違法性について労働基準監督署に駆け込んで労働基準監督署の調査が行われた場合、就業規則である会社のルールが非常に大きなポイントになります。そして、そのとき初めて多くの会社が就業規則の重大さ・大切さに気付きます。

就業規則は、会社の法律であり、会社独自のルールを決めることができます。よく、ホームページなどから就業規則のひな形をダウンロードしてそのまま使用される経営者がおられますが、せっかくあなたの会社に合わせたルールを決めることができるのに、ひな型を使用するということは、会社を守る術を放棄したのも同然です。また、法改正も毎年のように行われています。見直しをしていなかったために労働基準法等の法律違反となっては大変です。

現在、会社はさまざまなリスクを抱えています。未払い残業代請求問題、問題社員の身勝手な行動、うつ病等の精神疾患従業員の対応、さらにはセクハラやパワハラなど、これらのリスクから「会社の法律」である就業規則を作成し、あなたの会社を守ります。

就業規則の作成ポイント

  1. あなたの会社に合わせた就業規則を作成すること。
  2. 強行法規や公序良俗さらには判例を意識した上で会社の法律を作り上げること。
  3. 法改正に合わせて変化させていくこと。

お電話でのお問い合わせ

03-3668-5161(平日9:00~17:00)

お問い合わせフォーム

社会保険労務士法人ガーディアン

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町 1-5-1
日本サンライズビル 601
TEL:03-3668-5161
FAX:03-6905-6063